育毛に関するサイト 育毛剤.jp
〜育毛剤の上手な使い方〜



◆育毛剤の上手な使い方
育毛剤は付属の文書、および担当医などの診断による助言を守れば、とくに早期の男性型脱毛症においては効果が認められている。一般に育毛剤の効果を判断するには最低半年程度、同じ薬剤を適切な状態で使い続けることが必要である。 しかし、数年間同じ種類の育毛剤を続けて使用すると、ある時点から急速に効果が落ちてくる。それを防ぐためには、ある一定期間使用を中止するとか、異なった育毛剤を使用するなど工夫が必要となる。


◆主な育毛剤
代表的な育毛剤は、次の二種類である。

・ミノキシジル(商品名ロゲイン、リアップ)
頭皮にふりかける外用薬である。もともとは高血圧の治療薬として開発された薬で、血管拡張作用によって発毛を促すといわれているが、メカニズムには不明な点が多い。頭頂部の毛を増やす効果があり、前頭部や生え際への効果は薄い。頭髪だけでなく、全身の毛を増やす作用がある。

・フィナステリド(商品名プロペシア)
内服薬である。頭皮における男性ホルモンの作用を抑制し、脱毛を防止するとともに発毛を促す。アメリカの製薬会社メルク社が開発した。日本でも、メルク社の100%子会社である万有製薬が2005年10月11日に厚生労働省の承認を受け、自由診療(保険外診療)として医師の処方箋に基づいて使用できるようになった。臨床試験では、3年で98%(以上)の人に対して脱毛を食い止める効果があったという。


◆育毛剤の人気ランキング(当社調べ)
・1位 発毛育毛ミスト M-1
開発元のサラヴィオ化粧品の技術は、世界トップレベルにあり、1ヶ月で効果がないなら全額返金するという保証を付けている。

・2位 薬用ポリピュア
これまでの頭皮環境だけに注目した間接的なケアではなく、もっと積極的なケアを目指している。

・3位 Hatto育毛サプリメント
男性の発毛だけでなく女性においても高い発毛率がモニター結果で出ている。育毛サプリメントの中では最も発毛効果が高いと言われている。

・4位 アランテ2 薬用凌駕
モニター実験では、96%の方が発毛を実感している。

・5位 リアルラゾン
お笑い芸人の竹山隆範さんが使用して話題になった商品で短期間での発毛効果を実現している。

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--8drr43djxo.jp/">育毛剤.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2016 身体.jp | 前ページに戻る プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ